女性の一人暮らしに潜む危険

防犯を心がけたい賃貸

いつ誰が巻き込まれてもおかしくないのが犯罪です。
自分は絶対に大丈夫だと、確実には言い切る事はできないでしょう。

女性であれば入居を決定する賃貸物件で、玄関先に人がやって来た時に部屋の中をのぞき込む事ができる様になっている物件というのは避けた方がいいかもしれませんね。

玄関からリビングまでに、ドアがあって部屋の中が見えない様になっている賃貸などであれば、比較的安心して暮らせそうですね。

また、人が来たからと言ってすぐにドアを開けてしまうのではなくて、インターフォンから対応できる場合にはドアを開けないで対応したり、またはチェーンを使ってドアを開けるなど、自分で防犯を心がけないといけない事もあるでしょう。

リスクは少ない賃貸

不動産を頻繁に買い替えることはできません。

そのため、借りたり、購入したりして不動産を利用する際は慎重に行う必要があります。

時には、日常生活に支障がでるほど不便だと感じる事もあるでしょう。

賃貸として利用している場合には別の物件を利用するという方法もあります。その場合はまだリスクは少ないと言えるでしょう。

しかし、不動産の売買をビジネスとして行っている場合は、多額な負債を抱えてしまう事もありますので特に注意が必要です。

不動産を利用する場合は、リスクをしっかりと把握しておきましょう。

賃貸物件の敷金礼金について

賃貸物件を借りる場合には、初期費用として敷金礼金を収める必要があります。これは、すべての場合に必要であるわけではありません。それらを取るかどうかは家主次第なので、取らないところもありますし、取る場合であってもどのくらいの額かは人によって異なります。

敷金は、賃借人が家を明け渡すまでの一切の債務を担保するために差し入れる費用で、退去時に清算して返還されます。

礼金は、一回的な給付で、払ったらかえって来ない扱いです。いずれも、家賃何か月分、といった決め方がなされています。賃貸物件の情報には必ず書いてあるため、チェックする必要があります。

賃貸マンションと防犯についての関連記事

賃貸マンションと防犯についての役立つ情報をご紹介しております。

賃貸マンションと防犯
より安全な賃貸物件を見つけよう・治安とチェックしてほしい物件のポイント
賃貸マンションの緊急通報システムといろいろな設備について
賃貸マンションへの引越しと防犯のために気を付けたい安全対策
単身引越しで大事な賃貸で使えるセキュリティグッズをご紹介
ページトップへ戻る