女性の一人暮らしに潜む危険

より安全な賃貸物件を見つけよう

まず、知っている場所でしたら問題ないかと思いますが、土地勘のない場所で賃貸物件を探す場合、治安についての情報をたくさん仕入れてください。

不動産屋さんや、所轄の警察官に危険な道や被害の多い地域がないか、教えてもらいましょう。

以下、チェックしてほしい物件のポイントです。

マンションのバリア

門や塀があり、住人でなければちょっと入りずらいなという雰囲気がある賃貸物件は良いと思います。

誰でも簡単に入ってこれそうな雰囲気があると、不審者も入りやすいと思いますのでオートロックがついていると安心です。それと、夜間にエントランスなど明るいほうが賃貸物件として良いと思います。照明は防犯にもなります。

部屋は3階以上

1階は在宅か不在か確認しやすく、また侵入しやすいので危険が多いと思います。女性が住んでいるとわかったらマークされるかもしれないので、注意が必要です。
女性とわかる洗濯ものなどはなるべく外から見えないところに干しましょう。

また、外から人目につきやすいマンションも注意が必要です。周りの建物などをつたって建物にはいってこれないかチェックしましょう。

オートロック

友達と飲みにいって盛り上がり、終電で帰ることになってしまったときなど、住宅街で遅い時間に一人歩きは危険が高まります。男に後をつけられている気がする、なんてなったら大変ですね。オートロックなら、ダッシュで逃げ込めるので、部屋も特定されにくいので少し安心です。

また、訪問販売など強力な営業がきても、マンション内に入れることなくお引き取りいただけますし、部屋の様子や年齢などばれません。カメラがついていたら、さらにいいですね。

非常口

もし、なにかあったときの逃げ道を確保しておいてください。大きなマンションですと、非常口のような階段が2つくらいあり、大きな声を出したら外にすぐ届くような階段がいいですね。あまり閉塞感のあるマンションですと、逃げ出しても外に出るまで声が届かなかったりします。
また、最寄りの交番なども必ず知っておきましょう。

最寄駅や停留所、駐車場から待ち伏せされる場所がないか

賃貸案件は、お昼だけではなく、夜も必ず同じ道を通って怖い場所がないか確認してください。暗い場所や、近くに広い駐車場などあると待ち伏せしやすくなりますので、気を付けてください。なるべく大きな通りや、安心して帰れる明るい道、家族層が多いところが良いと思います。

物件も大事ですが、毎日通る道もかなり重要になりますので不安を残さないでくださいね。

気をつけて! あなたのゴミ狙われています。

あなたが出したゴミで、雑誌や惣菜の包装からはあなたの年齢や嗜好が、良く行く店や時間帯までも推測される可能性があります。

またクレジットカードの明細をそのまま捨てたりしていませんか?
明細は個人情報が丸見えになり詐欺にあう危険性があります。細かく破って複数回にわけて出すなどの工夫が必要です。

そしてゴミは収集の直前に出すことが安全と言えるでしょう。

賃貸マンションと防犯についての関連記事

賃貸マンションと防犯についての役立つ情報をご紹介しております。

賃貸マンションと防犯
防犯を心がけたい賃貸の敷金礼金についてや不動産のリスクとは
賃貸マンションの緊急通報システムといろいろな設備について
賃貸マンションへの引越しと防犯のために気を付けたい安全対策
単身引越しで大事な賃貸で使えるセキュリティグッズをご紹介
ページトップへ戻る