女性の一人暮らしに潜む危険

契約期間と賃貸

自分が住んでいる賃貸物件の契約がもうすぐすると切れてしまうというのであれば、引き続き契約を延長してその物件に暮らし続けるのか、もしくは別の賃貸物件を見つけて移るのかを決めないといけません。

気に入った物件であればそのまま住み続けるといいでしょう。しかし、ちょっとお部屋の環境に満足できない、というのであれば引越しを考慮するのもいいでしょう。

これまでに一度でも物件探しをした事がある人であれば、自分なりの選び方があるという人もいるでしょう。

契約を途中で解除してしまうと、別途お金を払わないといけない事もありますが、契約の切れ目というのは解約するにはちょうどいいタイミングではないでしょうか。

一戸建て住宅は賃貸でも快適に住める

一戸建て住宅に住みたいと思っていても、分譲となるとかなりの費用が必要です。中古でも数百万円必要です。しかし、賃貸住宅ですと、月々の家賃で自分の好みの家に住むことが出来ますので助かります。

賃貸と言えば束縛される、融通が利かない、犬やネコなどのペットを飼うことが出来ない、とマイナスなイメージを持っている人は多くいます。しかし、上手に探すなら賃貸でも自分の好きなようにリフォームが出来たり犬やネコなどのペットを飼うことが出来る物件はたくさんあります。

ぜひ、一戸建ての賃貸住宅を上手に探して生活を工夫しながら住んでみてはいかがでしょうか。

賃貸契約の初期費用のひとつである礼金

賃貸契約の初期費用のひとつに、礼金という名目のお金があります。一般的な目安は、その物件の家賃の2か月分程度とされています。これは、部屋を借りるお礼として大家さんに渡すお金です。

お礼なので、敷金のように清算後に返還されることもありません。賃貸契約の借り手が大家さんにお礼のお金を渡すようになったのは、戦後の住宅難の時代が始まりという説があります。焼け出されて家を失った被災者に優先して長屋や家、間貸しの部屋を貸してくれた大家さんにお礼をしたのが習慣として定着したと言われています。

最近では賃貸契約をする際、この礼金を不要としている物件も増えてきています。

賃貸マンションと防犯についての関連記事

賃貸マンションと防犯についての役立つ情報をご紹介しております。

賃貸マンションと防犯
何度か足を運んで決定する人気の大阪梅田の賃貸
賃貸物件ごとに異なるロフトの規模と通話の電波環境
安全な賃貸物件と契約締結の際に必要な初期費用とは
ページトップへ戻る