女性の一人暮らしに潜む危険

レンタルオフィスを利用して起業しよう

起業を考える場合には、できるだけ初期費用を抑えたいと考える方もいるでしょう。起業することで、どのような落とし穴があるかわかりません。トラブルなどを予測することはなかなか難しく、初期からかなりの費用がかかってしまうと、何かでトラブルに見舞われた場合にかなり厳しい状況に陥ることもあります。そのような事態に陥らないために、レンタルオフィスを利用するといいでしょう。

立地条件のいい場所のレンタルオフィスを利用することができれば、ビジネス展開するには都合がよく、また、初期費用が安くで抑えることにもつながります。

レンタルオフィスで信頼できるオフィス環境に

レンタルオフィスで、オフィスを借りずに一流のビジネスシステムが機能できます。会議室の利用など、必要に応じて使うことも可能なのでとても便利です。

オフィス環境がしっかりとしているので、来客の対応やフロント対応も安心品質です。郵便受け取りやテナント表示板への社名記載などもあり、会社の運営が楽になる信頼できるのがレンタルオフィスです。

大きな負担がなく環境の整ったオフィスを始められるので、起業したいと思っている人などにレンタルオフィスは人気です。安心して働ける場所があるのは会社としての信頼もでき働きやすくなると言えるでしょう。

レンタルオフィスを選択してみませんか?

自宅で起業する人も増えてきましたが、打ち合わせや会議を自宅ではやりにくい、郵便物のやり取りに自宅住所を使いたくない、また物品の置き場所などで困っているということはないでしょうか。

そのような場合、レンタルオフィスという選択があります。

レンタルオフィスには、月極で借りるものから、使用したい時間のみ借りる方法、さらには住所・電話番号の貸与や電話代行サービスをしてくれるバーチャルオフィスを使う方法もあります。

事務所を開設するなら月極で、会議や打ち合わせだけなら時間貸しでと、自分のワークスタイルに合った選択ができるのがレンタルオフィスなのです。

レンタルオフィスは魅力がいっぱい

レンタルオフィスは、独自にオフィス物件を賃貸するのではなく、一つの物件を他者とシェアして賃貸するものです。都会の一等地に位置する物件も多く、アクセス良好です。独自に借りるよりも安くなります。

レセプションや電話のサービス、セキュリティも整っています。机、椅子などの備品を借りられることも多く、初期費用を抑えられます。

ニーズに合った物件が見つからない場合、業務が順調に進むまでだけと決めて、短期間借りることも可能なことが多いです。物件のオーナーによっては、登記が可能なこともあります。ウォーターサーバー、雑誌などを置いた共有スペースを備えた物件もあります。

レンタルオフィスとバーチャルオフィスの違い

レンタルオフィスは、事務所に必要な、机やいすなどの備品や、通信設備などが備えられています。会議室などの共有設備も利用できます。住所を登記する事ができます。保証金や賃料は、貸事務所に比べてかなり低い金額になっています。

バーチャルオフィスは実際に利用しないオフィスです。事業を始めるにあたって、必要な住所、電話番号などの必要な情報だけを借りる事ができます。業務スペースはないため、一等地の住所を安い金額で借りる事ができます。しかし、住所を登記には使えないことが多いので注意が必要です。とりあえず、住所だけが必要だという場合には便利です。

レンタルオフィスについての関連記事

レンタルオフィスについての役立つ情報をご紹介しております。

レンタルオフィス
アクセスの良い場所でも利用しやすいレンタルオフィス
レンタルオフィスが起業家に人気の理由について
気軽に用意出来るレンタルオフィスで一等地に事務所を借りる
再開発エリアに存在するレンタルオフィスと新規の契約の方法
案内をしてくれる不動産会社とレンタルオフィスのこだわりたい室内

更新日-2016年12月6日

当サイト[女性の一人暮らしに潜む危険]では、一人暮らしを始める女性のために、なるべく危険を回避する賃貸物件探しや、セキュリティ対策、グッズなどのご紹介をしています。他にも大阪の賃貸事務所やレンタルオフィスの情報等を掲載しています。お問い合わせはこちらのページから。

ページトップへ戻る