女性の一人暮らしに潜む危険

安全な賃貸物件を希望

安全と言ってもいろいろあるかと思いますが、今回は災害時について考えてみたいと思います。

地震が発生した時には、できるだけすぐに倒壊してしまう様なぜい弱な建物ではなくて、できるだけ頑丈な建物の方がいいですね。

賃貸物件を借りる時には、物件の傾きに注意して選んでみてはどうでしょう。傾いてしまっている物件よりは床が水平で安定している物件の方がいいですね。少しの傾きであれば目視だけでは分からない事もあります。

そこで、賃貸物件の下見に出かける時にはビー玉を所有しておき、何もない所でころがしてみるといいでしょう。古い物件であれば建物が傾いてしまっている事もある様ですね。

賃貸物件の契約締結の際に必要な初期費用とは

賃貸アパートや賃貸マンションなど賃貸物件の契約をする場合、契約締結時に必要な初期費用を不動産仲介業者に支払います。

一般的には、入居予定月の日割賃料と、翌月分の前家賃のほか、退去時の原状回復等の補償として預けておく敷金、入居の際クリーニング等受け入れ準備をするために礼金、不動産仲介業者に支払う仲介手数料などです。

このほか保証人を立てない場合で、保証会社を求められる場合は、保証会社への保証料、状況によって必要なカギ交換費など、これらを合計額となります。およその目安として、月額賃料の4ヶ月分から6か月分となることを目安に初期費用の準備をしましょう。

犬と一緒の賃貸マンション暮らし

賃貸マンションで生活していくことを考えて物件探しをしている人の中には、犬を飼っている人もいるでしょうが、そういった人の場合には、入居してからのペットトラブルが気になるものです。

鳴き声などのことで苦情があった場合には、心苦しいものですし、暮らしにくくなってしまいます。ですから、ペットに対して理解力のある賃貸マンションに住むというのも1つの手です。

例えば、賃貸マンションの中には、ドッグランのある物件があります。こういった物件であれば、犬好きの人が多いなどペットに対する許容範囲が広いことが予想されますから、住みやすいと言えるでしょう。

賃貸マンションと防犯についての関連記事

賃貸マンションと防犯についての役立つ情報をご紹介しております。

賃貸マンションと防犯
何度か足を運んで決定する人気の大阪梅田の賃貸
契約期間についてと賃貸の一戸建て住宅で快適に住んでみよう
賃貸物件ごとに異なるロフトの規模と通話の電波環境
ページトップへ戻る